Archive for 9月 30th, 2019

チャイルドシートって、助手席でもいいの?

月曜日, 9月 30th, 2019

 

アメリカに住んでいると、車で移動することが多いですよね。

特に、小さい子供を連れていくときは、チャイルドシートがMustで必要になります。

子供の乗せ降ろしが、ちょっと手間ですよね。。。

 

私は、妻と子供(当時2歳)を連れて、よく車で旅行をしていたのですが、

ちょうどいつも乗っていたセダンがメンテナンス中で、代車がピックアップトラック、しかもシングルキャブ(座席が前に並びで3人座ることでき、後部は座席がなく、ちょっとした荷物置き場になっているもの。もちろん、軽トラックのように荷台はあります。)でした。

 

そもそも、チャイルドシートを前の席につけてもいいのか?

奥さんは、チャイルドシートのせいで狭くて乗りたくないっていうし。。。

それはさておき、チャイルドシートを前の席につけてもいいのかを取り扱い説明書やインターネットで検索しました。

が、よくわかりませんでした。。。

会社の人に聞いても、年配ばかりなので知ってる訳もなく。。。

 

気合を入れて、ディーラーに電話しました。

すると、答えはこうでした。

Q. チャイルドシートを前の席につけてもいいか?

  A. やむを得ない場合(今回の場合、後部座席がない)であれば、取り付けてもいい。ただし、チャイルドシートが固定でき、子供の安全や運転に支障がないこと。

    ※ 子供の体調が悪い場合など、やむを得ない場合の定義が広いので、適当な理由をつければ、大丈夫。

 

Q.その他、何かする必要があるか?

  A. はい。エアバッグの機能をOFFにすること。

     これ、自分ではどうすることもできないので、結局ディーラに行って機能OFFにしてもらうしかありませんでした。

   ただ、車種によっては自分でOFFにできる場合があるので、ネットで調べてみて下さい。

 

 

まとめ

この関連の答えがクリアに書いてあるサイトが、私は見つけられませんでした。

少しでも約に立って頂けたら光栄です。

 

チャイルドシートは助手席につけても構わない。

ただし、エアバッグの機能はOFFにすること。

です。

それでは、安全で快適な車ライフを!

アメリカでの運転のいろは

月曜日, 9月 30th, 2019

 

私は仕事柄、車を運転する機会が多くありました。

駐在中にトータルして10万マイルくらいは走行したと思います。

セダンからSUV、ピックアップに至るまで様々な車種に乗りました。

 

今回は、アメリカで車を運転するときに、気を付けたほうが良いポイントや、日々のメンテナンスを紹介します。

 

車のメンテナンスについて

タイヤの空気圧編

私の駐在先のミシガン州は、冬はマイナス30℃にもなる日もあります。

外に出て数分で肺が凍ってしまうような、とても人間が住める環境ではないな、と思ったこともあるくらいです。

 

私が乗った車はすべて、スノータイヤは履いていませんでした。

夏と冬が兼用できるオールシーズンタイヤが100%でした。 当然冬は雪が降りますが、みなさんスリップしながらもテクニックでカバーしている感じでした。

 

さて、車を乗る上で気を付けなければならないのは、タイヤの空気圧です。

空気は暑いと膨張(空気圧が上がる)し、寒いと収縮(空気圧が下がる)ので、特に季節の変わり目は空気圧をチェックすることをおすすめします。

アメリカでは、スピードを出して走行することが多い(一般道でも80km/h)ので、タイヤに空気圧が低いと、バーストしてしまう原因にもなり得ます。

 

窓ガラス編

次にメンテナンスしてもらいたいのは、窓ガラスです。

メンテナンスといっても、撥水スプレーを窓ガラス(と、できればサイドガラス、ミラーも)に吹いて、拭き取るだけです。

 

私は、これをやらないで死ぬ思いをしました。

ミシガンからアトランタに車で旅行していました。

ちょうどケンタッキー州にさしかかったとき、サンダーストームがやってきて、今までに経験したことのない雨が降ってきました。

まさに、バケツをひっくり返したような雨、でした。

ワイパー全開で雨をかき分けようとしましたが、まったく前が見えず、水の中にいるような気分でした。

すぐさまハザードランプを点灯させ、前の車のテールランプだけを頼りに徐行しました。

怖くなって車を停めようとしましたが、後ろから追突される可能性が高いので、怖くても前の車との車間を一定に保って、着いていくしかない、と思いました。

この間はわずか10分程度でしたが、とても長く感じました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

車を運転する前は、用心として、

もし事故や故障を起こしてしまった場合にすぐ対応できるよう、保険会社や車修理会社の電話番号を控えておく事、スマートフォンや携帯電話も忘れずに携帯してください。

何があるかわからない、何が起きてもおかしくない、これがアメリカだと思って運転してください。

備えあれば患いなし、です。 それではまた!