アメリカ人と仲良くなるには?-その2

 

以前、アメリカ人はスポーツ好きが多い、ということから、会話にスポーツを入れると盛り上がるよ、とご紹介させて頂きました。

アメリカ人と仲良くなるには?

 

アメリカ人との会話、どうやって話し始めていいかわからなかった私は、朝アメリカ人と顔が合ったら、「Good morning」と言ってから、すぐに着席してパソコンを開く日々でした。向こうも、「Hi」くらいしか返事がなかったと思います。

 

でも気付いたんです。もっと簡単に話を盛り上げる方法が。

今回は、英語のお勉強もちょっと兼ねてご紹介致します。

 

話のきっかけは挨拶から

え?Good morningって挨拶じゃないの?

と思ったあなた、確かにそれもちゃんとした挨拶です。

 

私の使う挨拶は、

 私 : 「Good morning, how are you today?」 です。

ポイントは、How are you?を入れることです。

How are youを入れることで、向こうも返事をくれます。

だいたいは、返事だけではありません。例えば、こんな返事です。

 A : 「Good, how are you?」

向こうも、こちらの反応を伺う返事がきます。

 

これって、中学校で習う英語とよく似ていますね。

  私 :Good morning. How are you today?

  A :I’m fine, thank you. And you?

  私 :I’m fine too.

おそらく、こんな感じで習ったのではないかと思います。

アメリカ人との会話では、この言葉ズバリは使いませんでした。

 

アメリカ人との会話例

それでは、私が毎日実践した挨拶の例です。

  私 : Good morning, how are you today?

  A : Good, how are you?

  私 : Good.

ここまでできれば十分です。 あとは、向こうから話しかけてくるでしょう。

 

もし、これで会話が終わりそうなら、すかさず、

  私 : It’s cold. や、It’s sunny day.

など、気温や天気のことをボソッと言うと、かなりの確率で会話が続きます。

 

これでも反応薄いようなら、

月曜日の場合、

  私 : How was your weekend?

木、金曜日の場合、

  私 : Do you have plans for weekend?

その他の曜日の場合、

  私 : Do you have plans for ***** day?

        *****には、例えばThanks giving dayなど、近々にある祝日を入れます。

 

これでも反応薄いようなら、何かあるので深追いはやめましょう。

 

まとめ

会話の基本は挨拶から、と良く言いますよね。

日本語でも、ただ「おはよう」と言うのではなく、

「昨日帰り遅かったの?」や、「調子よさそうだね」などと付け加えるだけで、

会話が弾んでいくはずです。

 

みなさんも是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す