アメリカの電話番号にアルファベット。どうやってかけるの?

 

前回の記事では、アメリカ⇔日本の電話のかけ方を紹介致しました。

アメリカ⇔日本の電話ってどうかけるの?

 

今日は、アメリカで生活していて、ラジオや看板、広告、TVなどで、変な電話番号(正確には番号ではなく、アルファベット)を見かけることがありました。

最初は、あまり気にしていなかったのですが、子供の誕生日に購入したおもちゃが欠品しており、電話で問い合わせようと思い、チラシを見たら「800-TOYSRUS」って書いてあるんですよね。

なにこれ、電話できないじゃん。と思い、電話番号をネットで調べてからかけました。

実はこれ、ちゃんとした電話番号だという事を後から知りました。

という訳で、今回はこのような表示になっている電話番号の電話のかけ方についてご紹介致します。

 

アルファベット電話番号の例

アルファベットを使った電話番号ですが、トイザらス(800-TOYSRUS)以外にもさまざまなところで使われています。

   IBM : 800-IBM-4YOU

   JAL : 800-JAL-FONE

   Verizon : 800-VERIZON

これは、覚えやすいように、この表記にしているようです。

例えば、日本ではゴロ合わせとして、「ヨイフロ」は4126といったものと同じ感じですね。

 

アルファベットの解読方法

それでは、どうやってこれらのアルファベットを解読したらいいのでしょうか。

おそらく、みなさんのスマートフォンや携帯電話に、下記のように数字と一緒にアルファベットが表示されていませんか?

これを知った時は、目から鱗が落ちました。

そうです、そのアルファベットが書いてあるところの番号を打つんです!

ABCのいずれかのときは、2

DEFのいずれかのときは、3

GHIのいずれかのときは、4

JKLのいずれかのときは、5

MNOのいずれかのときは、6

PQRSのいずれかのときは、7

TUVのいずれかのときは、8

WXYZのいずれかのときは、9

を打ちます。

 

例えば、800-VERIZONの場合は、

800-8374966 になります。

アメリカでは、このアルファベットを感がる仕事があるようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご存じなかった方、少しでもテンションが上がったなら嬉しいです!

アルファベットは数字に対応していることさえ知っていれば、お手元のスマートフォンを見ながら電話をかけられるはずです。

ちょっと雑学のようで、話のネタにでもして頂けたら幸いです。

コメントを残す