アメリカで運転しよう! (赤信号編)

アメリカで運転するときは、ドキドキしますよね。

日本とは通行車線が反対(右側通行)ですし、車線の本数も多かったり、速度も高かったり。

日本では乗ることのない大きな車に乗ってみたり。 視界も乗り心地も違ってワクワクします。

アメリカでは、日本にはない交通ルールがあります。 今回はアメリカならではの交通ルールについて紹介したいと思います。

 

 

赤信号でも右折はOK?

アメリカでは、赤信号であっても右折できる場所があるのはご存じでしょうか?

赤信号だからといって止まっていると、後ろからクラクションを鳴らされてしまうので、注意しましょう。

 

走行の方法は、こんな感じです。

まず、右折レーンに入り、赤信号で止まります。 (車が来てなくても必ず止まります)

次に、左右や左前方からの右折車両、歩行者がいないか確認します。

こららがいなければ、徐行して右折します。

 

標識はよく見ましょう!

赤信号といっても、必ずしも一時停止する必要のないパターン、右折してはいけないところがあります。

赤信号でも、一時停止せずに右折できるところ

    → 信号脇に右矢印がある場合です。 (日本と同じですね。)

赤信号で右折してはいけないところ

    → 「No Turn On Red」 と標識があるところ

これは、交通量の多い場所、歩行者の多い場所などに見られます。

この標識があるにも関わらず、赤信号で右折する捕まります。

まれに、標識ではなく電光掲示板になっているものがあります。

その場合は、「No Turn On Red」の表示が消えれば、赤信号でも右折してOKです。

 

 

まとめ

赤信号で右折できることは知っていたけど、No Turn On Redは知らなかったなぁ。 という方も少なからずいらっしゃったのではないでしょうか?

この標識、結構見落としがちです。 特に初めて行く都会では、交通量も多く、後ろからの煽りもすごいので、注意が必要です。

わからなかったら、止まっておく。 これが間違いないです。

まず停止をし、深呼吸してから周りをみて、右折できるか判断しても十分間に合います。

せっかくのアメリカでの生活、気持ちを大きくもって優雅に暮らしたいですね。

コメントを残す